大分県別府市「炭焼工房」のホルモンの焼き鳥がうまい。味、香り、見た目全てがジョッキをカラにするに十分なインパクト!

大分県別府市「炭焼工房」のホルモンの焼き鳥がうまい。味、香り、見た目全てがジョッキをカラにするに十分なインパクト!

【店名】
炭焼工房
【所在地】
大分県別府市若草町10−13

【性別】男性
【年齢】35歳
【職業】精神保健福祉士 職業指導員


【お店を知ったきっかけ】
仕事上で親交のある企業の社長に誘われて行きました。
別府市に住んでいますが、紹介されるまでは全く知らず、ネットで調べて初めて存在を知りました。
社長の行きつけのお店だったようです。

【誰と行ったか】
社長とその会社の上役、私と私の上司の4名で行きました。




【お店の雰囲気】
外観は雑居ビルの一階で、かなり年季の入った趣のあるものになっています。
近づくだけで炭と焼き物のいい香りがします。
駐車場は私は使った事はありませんが、先方の上役の方がお店の向かい側の駐車スペースに駐車されていました。
引き戸を開けると、右手にテーブル席が2つ程、カウンター10人座れるかどうか、左手に小上がりのお座敷3つ程があります。
店員さんは、接客担当の気さくな奥さんと、焼き場担当の寡黙な旦那さんという感じで、分業でお仕事されてたと記憶しています。
客層は老若男女問わずといった感じで、カップルも家族連れも、一人飲みの男性、女性客、私たちのような仕事終わりのサラリーマンもいました。
私たちは予約を毎回社長にして貰ってお店には伺っていますが、確かに毎回賑やかで、隠れた名店と言った印象です。
予約はしておいた方がいいかもしれません。

【注文したもの】
大分では珍しいホルモンの焼き鳥があり、たれで頂きました。
私の地元佐賀県鳥栖市のお隣久留米市では「ダルム」と言って焼き鳥のメニューでホルモンがありますが、大分県別府市ではここ以外で見たことはありません。




【感想】
そもそも他の地域でホルモンを焼き鳥屋さんが扱っているとは思いませんが、久しぶりのご対面に衝撃となつかしさを覚えました。
器は平たい長四角のオーソドックスなお皿で、一皿2串入っていたと思います。
お座敷席でおじさん4人で頂きましたが、
焼き加減も絶妙で炭とたれの焦げたいい香りが食欲をそそります。
口へ運ぶとアツアツ、プリプリ触感といい塩梅の味付けで、ビールは焼酎が進みます。
私は一味唐辛子をたっぷりかけて焼き鳥を食べるのがとっても好きで、たれと唐辛子が相まって、何個も頬張りたくなる味になりますよ。
油が少々気になる方もいらっしゃると思うのですが、アツアツの状態で一瞬でなくなりますし、炭火で焼いていることも影響してか気になりません!




【他のメニューやトッピングなど】
基本的には焼き鳥屋さんなので色々なメニューがあるわけではないのですが、期間限定、事前予約者限定でさんまの塩焼きが出てきたことがあり、そちらも絶品でした。
炭火焼きでじっくり焼かれたさんまは本当に美味しく、4人で黙々と食べました。
大分ならではの「カボス」が乗っていて、途中で味変させるのも楽しみの一つでした。
お酒は、ビール、焼酎、日本酒、チューハイ、ハイボールなど一通り揃っていたと思いますよ。
卓上には一味唐辛子があったと思います。
前述のさんまを頼めば、しょうゆが届いたと思います。
社長のタイミングでおまかせで料理をオーダーしていたので、どんなものがあったか、注文しなかったものなど、あまり記憶にありません。




【エピソード】
焼き場に居る店主とはほとんど話していませんが、社長とは仲がいいようでした。
奥さんと思われる女性のスタッフさんは毎回気さくでよく冗談も言ってました。
以前、隣のお座敷に割と小さいお子さんが数人居たときは、一緒にお話ししたりして、楽しかったです。
なんど行っても必ず現れる、常連のおじちゃんみたいなおばちゃんがカウンターの指定席?に座り、社長ともよく話す為、私たちも巻き込まれます。





【知人の評判】
同席する私の上司もお気に入りの様で、普段の飲み会よりもよく食べ、よく飲み、酔っぱらっています。
上記で触れ忘れたのですが、鳥の白子みたいな部位(白レバー?)の焼き鳥もおいしく、上司はそれを毎回激賞しますね。




【他との比較】
他と優れている点は、クオリティです。
ボリュームは一時期流行ったコンビニの焼き鳥の2/3程度ですが、値段はリーズナブルで
120円から250円程度で様々焼き鳥のメニューをいただけます。
たれの味、炭の香りの相性抜群で、そのクオリティはぜひ食べていただきたいですね。
九州では当たり前なのですが、豚バラ、牛肉の焼き鳥も食べることができます。
※もはやそれらを「焼き鳥」と呼んでいいのかどうか怪しい所もありますが・・・。
(笑)




【価格と満足度】
上記で触れてしまいましたが、価格はリーズナブルです。
お酒もビール500円、焼酎400円と庶民の味方です。
もちろん安くて大満足でそ。




【期待すること】
基本的にはオーソドックスな個人経営の焼き鳥屋さんと言った感じで、特に要望はありませんが、強いて言えばトイレが和式だったので改善されるともっといい印象になると思われますが、トイレの清掃はきちんと行き届いていましたので特に不満はありません。
自身が家族で行くとなると若干のマイナスポイントになるかと思います。



やはり、大分県別府市では滅多に食べられないホルモンの焼き鳥は、インパクトもありますし、友達に自慢したりおススメできるポイントだと思います。
ホルモンと言えば、もつ鍋の印象が皆さん強いと思いますが、焦げから香る香りと甘辛いたれとの相性は本当に皆さんに堪能してもらいたいですね。
余分な脂が若干落ちている点も、少し罪悪感を減らしてくれます(笑)

炭焼工房
大分県別府市若草町10−13
男性・35歳・精神保健福祉士
大分県別府市「炭焼工房」のホルモンの焼き鳥がうまい。味、香り、見た目全てがジョッキをカラにするに十分なインパクト!